ヴィヴィアン・ウエストウッド映画から考える、美容師としてできること | 銀座で美容室をお探しならアグライアへ。お買い物途中に・仕事帰りに、銀座へお越しの際は美容室「aglaia」へお越しください。

銀座にある美容室「アグライア」

03-5550-0056

友だち追加

ヴィヴィアン・ウエストウッド映画から考える、美容師としてできること

                

お正月に観た映画の一つ。

 

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス。

 

環境保護活動に走り回り。

絶好調のときに

自分の会社は「危険信号よ」と口にする。

 

誰もが知っているブランドですが、

強い信念をもってアクティブに動くすごい方が作ったブランド。

 

ファッション映画の予想をしていましたが、

経営や、社会問題についても深く考えさせられる映画でした。

 

温暖化問題に関しても強い関心を寄せていたようです。

 

僕も3.11の震災以降 心に決めてることがあります。

アイロンやコテでつくるスタイルでなく、

パーマやデジタルパーマでカールをつくり

コスメクリームや縮毛矯正でクセをおさえたい。

 

震災時、電化製品が使えない状況では

声にはなかなか出しづらいかもしれませんが、

毎日アイロンやコテを使う人にとっては

スタイリングがうまくいかないストレスもあるのではないかと思います。

 

そんなときにタオルドライでもきまるヘアスタイルでいられたら。

 

毎日のドライヤーやアイロンなどの時間を少しでもおさえられたらとおもっていましたが、

この映画をみて

ファッション映画ではありますが、

美容師としてもやるべきことがわかってきました。

 

 

美容師でできることをしていこうとおもいます。

 

本屋 海津雄/Mitsuo Motoya

—————————————————

東銀座の美容院 美容室 aglaia/アグライア

[住所] 〒104-0061 東京都中央区銀座5-14-15 サンリット銀座ビルB1F

[電話番号]    03-5550-0056 ←クリックでご予約のお電話につながります

[営業時間] 平日 12:00〜20:00    土日・祝日 10:00〜19:00

[定休日]   毎週火曜日、その他月2日不定休あり

—————————————————