OPEN 12:00‐20:00 (w/e 10:00‐19:00)
CLOSE 毎週火曜日・その他不定休あり

aglaia Blog
aglaia Blog
2015.11.05

市販のカラー剤と美容室のカラー剤どっちがいいの??

市販のカラーと美容室のカラーどっちがいいの?最近ニュースにもなっていましたが
近頃よく耳にする、カラーについての疑問にお答えします。

Q:
ドラッグストアで売っているカラーの薬と美容室で使っているカラーの薬はそんなに違うの?

 

銀座美容室 アグライア オーナー10年目の本屋(もとや)がお答えします。

 

A:

ずばり!違います‼︎

僕は美容室でお願いするほうがいい!とおもいます。

その理由は2つあります。

1つ目は、薬の強さです。

市販のカラー剤も美容室のカラー剤も、成分バランスはあまり変わりません。

しかし市販されているカラー剤というのは、その商品の性質上、万人ウケすることが優先されます。

そのため、使用する人の髪質や髪の状態に左右されず「しっかり染めること」を目的とするため、強めの薬剤が使用されています。

結果、髪の状態によっては傷んでしまったり、満足のいく仕上がりにならない場合が多いのです。

 

また、2つ目の理由として「誰が染めるのか」がとても大切です。

実際、市販のカラー剤を発売するメーカーさんに聞くと
「きれいに染まらなかった・・・・美容室で染めればよかった・・」
「明るくならなかった・・・・・もっと明るくしたかったのに・」

「アッシュの薬を買ったのにアッシュにならなかった・・・・・・」
などというクレームがあるようです。


何で染めるかも大事ですが、それ以上に誰が染めるかが大切です。

美容師は様々な薬剤をミックスしたり、バランスを調整し、お客様の肌色、目の色、頭皮の状態、髪の状態を見ながら薬剤をカスタマイズしていきます。

ホームカラーでは薬剤の配合や、過去の髪質の履歴に合ったカラーリングを選ぶのはなかなか難しいです。

 

以上の理由から、髪を大切にしつつ理想のカラーリングをしたい方には是非美容室でのカラーをおすすめいたします。

アグライアをご利用のすべての皆様、

私たちは皆様の頭皮と髪の状態を年齢とともに

さらに良くしていきたいとおもっています。

 

いまから正しいケアはじめていきましょう!

キレイな頭皮とキレイな髪作りのお手伝いをさせていただきます。

 

銀座美容室アグライア
代表 本屋 海津雄(もとや みつお)

市販のカラーと美容室のカラーの違い

SCROLL PAGE TOP